STRUCTURE SECURITY

STRUCTURE住まいの安全性は
最高レベルの永住にふさわしい
基本構造。

最高ランクの劣化対策
「等級3」を取得。

永く快適に暮らしていただくための
鉄筋コンクリートの劣化対策

建物駆体のコンクリートは設計基準強度30〜36N/mm²(杭・外構除く)としています。30N/mm²とは1m²あたり約3,000tの重量を支えられることを表します。また、水セメント比を50%以下にすることでコンクリートの中性化が起こりにくい、耐久性の高いコンクリートとしています。また、鉄筋コンクリートの劣化対策として、鉄筋を包むコンクリートの厚さ(かぶり厚)は適切な厚さを確保しています。

水・セメント比を50%以下にすることで耐久性が高まります。 適切なかぶり厚を確保し、長期間鉄筋を守ります

構造躯体等では「等級3」の劣化対策等級を取得

※劣化対策等級とは構造躯体等に使用する材料の交換等の大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するための必要な対策の程度のことです。
※表示性能は部材自体の単体性能であるため、実際の住 宅内での性能とは異なる可能性があります。
※杭については劣化対策等級の対象外です。

戸境壁、外壁(妻側)は
コンクリート厚約180mm以上を確保

隣住戸からの生活音を軽減するために、戸境壁のコンクリート厚は約180mm以上に設定。また、外壁(妻側)は厚さ約180mm以上のコンクリート壁に断熱材の建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームを約25mm吹付けています。

心地よい室内環境を実現する
遮音性にすぐれた床構造

床構造は厚さ約230・250㎜のコンクリートスラブを採用。(玄関・水廻り除く)さらにフローリングは軽量床衝撃音低減性能⊿LL(Ⅰ)-4等級を採用し、下階に生活音が伝わりにくいよう配慮しました。

拘束性の高い溶接閉鎖型帯筋

柱の主筋を拘束する帯筋には、横揺れによるせん断破壊を防ぐ溶接閉鎖型帯筋を採用しました。安定した強度とともに、万一の地震にもねばり強さを発揮します。(一部除く)

建物をしっかりと支える杭基礎

事前の地質調査に基づき、杭の先端を地中約42mの支持層まで打ち込み、建物を支える杭基礎工法を採用。強固な地層に20本の杭を打ち込むことでしっかりと建物を支えます。

対震枠付玄関ドアを採用

万一大きな地震が起きた際、玄関ドアの枠が変形してもドアを開閉しやすいように、枠と玄関ドアの間にクリアランス(隙間)を設けた、対震枠付玄関ドア枠を採用しました。

防音サッシT-3(最高等級35)

東面・北面・南面の窓には、室内の快適性を高めるため、一重サッシでは最高等級の遮音サッシを採用。外部からの音を約35dB軽減します。

防音型ベントキャップ

建物には換気をおこなうための給気口が設置されており、そこからの音の侵入が懸念されています。それを抑制するため、東面と南面の窓には外の騒音に対する防音性能を備えたベントキャップを採用しています。ワンランク上の遮音性能を実現し、室内環境に配慮しています。(レンジフードの給気口除く)

住まいの品質を評価した2つの性能評価書

「グランアッシュ天王寺真田山」は、国が指定した第三者評価機関が共通のルールに基づいて評価した「設計住宅性能評価書」を取得。住宅の性能が客観的に評価されることにより、建物の信頼性が高まります。さらに、何度も検査を受けて認められる「建設住宅性能評価書」も取得する予定です。

万一の時に備えた住まう方への配慮

住宅瑕疵担保責任保険「あんしん住宅瑕疵保険」への加入を予定しています。住宅瑕疵担保責任保険「あんしん住宅瑕疵保険」は、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)」により、瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険への加入または保証金の供託)に基づく保険として、同法により国土交通大臣の指定を受けた株式会社住宅あんしん保証が引き受ける保険です。

優良住宅取得支援制度の基準クリア

住宅金融支援機構が定める厳しい条件をクリアした物件に適用される金利優遇制度【フラット35】S(金利Bプラン)が利用可能。

※【フラット35】Sには予算金額があり、予算金額に達する見込みになった場合は、受付が終了となります。詳しくは住宅金融支援機構ホームページをご覧下さい。

※掲載の写真は2018年2月にモデルルームDタイプで撮影したものです。有償オプション、設計変更が含まれています。※掲載のイメージイラスト、概念図等はメーカー参考資料を基にしたもので、実際とは異なる場合があります。