“要の地”の歴史ある駅近邸宅街という稀な存在・北園町。
歴史的に価値の高い古墳が多く残る高槻。江戸時代には北摂唯一の城下町として政治・経済の要であり、西国街道の宿場町が置かれたことで京都と大阪を結ぶ交通の要衝としても賑わいました。 近年は、北摂最大の中核市として重要な役割を担っています。いつの時代も高槻は“要の地”。 1928年、鉄道の充実とともに宅地開発が進んだ北園町は、高槻の発展のそばでゆっくりと時を重ねてきた駅近の邸宅街です。
※掲載の航空写真(平成28年3月撮影)はCG加工を施したもので、実際とは異なります。あらかじめご了承ください。
※掲載の環境写真は平成28年4月に撮影したものです。
Copyright © GRAND-H All Rights Reserved.