大人の感性に応える迎賓の邸

大人の感性に応える迎賓の邸

落ち着きと洗練を融合させ、時とともに味わいが深まる風格。

基壇部は、天然錆御影石とレンガ調タイルを組み合わせた外壁に大きなキャノピーを調和させ、邸宅の重厚感を創出。そして、コンビタイルがアクセントとなるマリオンが垂直ラインを描き、空へと溶け込むガラス手摺りとともに、駅近立地では得難い豊かな開放感を演出。大人の風格を追求した外観デザインです。

堂々たるキャノピーと車寄せが、寛ぎを予感させる。

街と住まいの境界で堂々たる存在感を放つエントランスアプローチ。その前には、ホテルライクなおもてなしの車寄せを設けて、丁寧な迎賓空間を創出しています。我が家への歩みを進めるアプローチ床には、レンガ調タイルを敷き詰め、豊かな寛ぎの序章としています。

素材の温もりが、緑の風景が、心和ませる。

約50m²の広さを確保したアンティークモダンなホール&ロビー。レンガ調タイルの床や石貼りの壁、ロートアイアンによるアート感覚のオブジェ、開放的なガラスウォールに映る緑と花々の借景など、すべてが住まう方はもちろん訪れる方までを癒す、おもてなしの設えです。

豊かな表情を創る緑と光のコラボレーション

共用部の植栽計画と照明計画については、それぞれの専門家とコラボレーション。
落ち着きを感じさせるシンボルツリーや品のある花々、そして寛ぎの共用空間を温もりの灯りが際立たせ、豊かな表情を創り上げます。

Green Coordinate

“語りかける時の重み”
グリーンコーディネートは、洗練のフラワー・ボタニカルショップ「SPOONBILL」が演出。テーマは、時とともに味わいが深まる外観テイストとの調和。古代から豊穣や平和の象徴とされる「オリーブ」をシンボルツリーに、「ラベンダー」や「アガパンサス」などパープルの色目が印象的な低木を配置。重厚で個性的な植栽計画としています。
  • オリーブ

  • ラベンダー

  • アガパンサス

  • キボウシ

花や植物をはじめ家具や雑貨など、日々の暮らしをちょっと贅沢にしてくれる素敵なアイテムを集めたセレクトショップを展開しています。

Lighting Coordinate

“上質な温もりの導き”
ライティングコーディネートは、照明のトップブランド「YAMAGIWA」が演出。アプローチからエントランスを経てロビーへ向かう導線においては、建築を活かした光による演出によって上質な雰囲気と、迎え入れる温かさを感じさせ、ゆったりと流れる時間を楽しんでもらえるような深い寛ぎを創出します。
先進的でトータルなライティングデザインを常に提案。公共空間から住まいまで、次代の価値を創造し、人と灯りの新しい関係を生み続けています。

歴史と都市と暮らしの調和を理想とした邸宅の理。

本プロジェクトでは、永い歴史に培われた趣きとアクティブな都市の顔を併せ持つ北園町に、新たな調和をもたらすことを使命に設計。「その街並みを受け継ぎ、その品格を纏う住まいとは。」の問いに、奇をてらうことなく細部にまで建築の正統を追求し、決して時代に色褪せることのない邸宅を目指しました。
※記載の完成予想図は計画段階の図面を基に描いたものにCG処理を施したもので、建物の色調等は実際とは異なります。
※掲載の外観完成予想図は現在計画中の設計図書を基に描いたもので、官公庁の指導、施工上の都合等により建物の形状・植栽・色調等に変更が生じる場合がございます。また、表現上省略しているものがあります。植栽につきましては、特定の季節の状況を表現したものではなく、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。あらかじめご了承ください。
※外観形状の細部・設備機器・周辺の建物・電柱・電線等は省略、または簡略化しております。
Copyright © GRAND-H All Rights Reserved.