Design/Landplanデザイン・ランドプラン

DESIGN

この街の創造性と呼応し、
次代に誇れる新たな象徴を。

DESIGN CONCEPT街並みに新たな彩りを添える、
エッジの効いたレジデンスデザイン。

新たなモノ・コトを創造するクリエイティビティに満ちたまち、北加賀屋。目指したのは、この街の新たなシンボルとなるにふさわしい、エッジの効いた存在感を創出すること。ダークブラウンを基調としながら、随所にホワイトやブラックでアクセントを加えたモダンな佇まいが、街並みに新たな彩りを添えます。

外観完成予想図

MATERIAL邸宅としての品格を高める、
こだわりのマテリアル。

ダークブラウンの45二丁タイルを基調に、基壇部にはダークグレーの大判タイルを用い、風合い豊かな表情を醸成します。

ARCHITECT株式会社永都設計
代表取締役井海 克彦氏

街の美しいランドマークとして、あるいは多くのご家族の快適なライフステージとして、次世代まで受け継がれる美しい建築物の創造をテーマに、細部にまで行き届いた、質の高いプランニングとデザインを実施。関西エリアを中心に多数のマンションプロジェクトの設計・監理を手がける。

ENTRANCE APPROACH心地よい空気感を湛える
気品あふれるエントランス。

凜と伸びるキャノピーが、フォーマルな空気感を醸成するエントランス。
潤い豊かな風景を織りなす植栽、豊かな風合いを醸すこだわりのマテリアル、そして、建物内からこぼれるやさしい灯り。
すみずみまでこだわりを注いだ空間デザインが、住まわれる方々を誇らしくもてなします。

エントランスアプローチ完成予想図

ENTRANCE LOBBY静謐な空気を湛えた
エントランスロビー。

壁には艶やかな質感の大判タイル、床にはヘリンボーン張りの木目調床タイル。こだわりの意匠の数々を纏う迎賓空間が、心をほどく寛ぎの時へと誘います。

エントランスロビー〈集会コーナー〉完成予想図

LANDPLAN

開放感とプライバシーに配慮した
ランドプラン。

花と緑が公開空地を彩る
総合設計制度を採用。

敷地内に、街に開かれた公開空地を確保することで、建物の容積率や高さに関する規制が緩和される総合設計制度を採用。敷地の南・東側には、幅約2.7mの歩行者空間を確保しました。マンションの植栽と歩道の街路樹があいまって、季節の移ろいを身近に感じながら暮らしていただけます。

プライバシー性・独立性の高い
三方道路の角地に立地。

現地は隣接建物の影響が少ない三方道路の角地。プライバシー性や独立性の高い立地に、快適性・開放感に配慮した住棟配置としました。

大通りからの距離を約20m超確保した
南東向きの住棟配置。

敷地の形状を有効に活用すると同時に、大通りからの距離を約20m超確保した住棟配置に。通風・採光はもちろん、音環境にも配慮し快適な暮らしを実現します。

VIEW

  • SOUTH
  • WEST
  • NORTH
  • EAST

現地14階相当からの眺望※

  • SOUTH
  • WEST
  • NORTH
  • EAST

物件エントリーはこちら

※掲載の完成予想図は、設計図面を基に描き起こしたものであり、施工上の都合により、建物の外観・仕様・色彩・植栽などに変更が生じる場合がございます。また外観形状を分かりやすくするために、近隣施設及び建物を一部透かしている部分があります。植栽につきましては特定の季節の状況を表現したものではなく竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。※掲載の素材写真の色合い等は、印刷物のため実際とは多少異なります。また、採用素材は施工上の都合により変更になる場合があります。※掲載の現地眺望写真は2022年4月に現地14階相当より撮影した写真にCG加工を施したものです。※眺望は住戸によって異なります。眺望・周辺環境は変わる可能性があり、将来にわたって保証されるものではありません。