全20タイプ・58.87㎡~83.76㎡
ルーフバルコニー付や専用庭付など、
多彩なプランバリエーション。

  • Etype
  • Htype

OPEN AIR

現地から西方面(9階相当)を撮影(2022年4月)

左右にスクロールできます

OPEN AIR西側にひろがるのびやかな眺望を
日々の愉悦とする贅沢。

敷地の西側には恩智川が流れ、半永久的に開放感のある眺望と、静かな住環境を享受できます。また、戸建住宅までも30m超の離隔があるため、たっぷりの陽光と開放感が得られます。

※掲載の眺望写真は、現地から西方面(9階相当)を撮影(2022年4月)したものにCG加工を施したもので、実際とは異なります。また、眺望は住戸により見え方が異なります。周辺の環境は変わる可能性があり、眺望は将来にわたって保証されるものではありません。
※掲載の立地概念図は立地状況を説明するための概念図であり、実際とは異なります。
※1:「省エネ基準適合住宅」とは、現行の省エネ性能を満たす基準、すなわち、日本住宅性能表示基準における、断熱等性能等級(断熱等級)4以上かつ一次エネルギー消費量等級(一次エネ等級)4以上の性能を有する住宅が該当します。住宅ローン減税申請手続(入居年分の所得税の確定申告)において、これらを示す証明書類等の提出が求められる予定です。※一般新築住宅とは、省エネ基準を満たさない省エネ基準不適合住宅のこと。※国税庁HPより(2023年3月現在)※掲載の内容は2023年3月現在のものであり、今後変更になる場合がございます。※毎年の控除額は「年末のローン残高の0.7%」「最大控除額28万円」「所得税+住民税額」のうち最も低い金額です。(適用条件の概要のため、詳細については所轄税務署へお問い合わせください。)
※2:お客様の条件により異なります。詳しくは、係員にお問い合わせください。
※3:【フラット35】維持保全型(予備認定マンション含む)・【フラット35】Sには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は受付終了となります。【フラット35】のご利用は、一定要件該当者が対象となり、2023年3月31までに申込受付を行うことが必要です。詳細は係員にお尋ねください。また予備認定が取り消された場合等で金利引き下げが適用とならない場合があります。制度の詳細は、フラット35サイト(www.flat35.com)及び公益財団法人マンション管理センター(https://www.mankan.or.jp/11_managementplan/precert.html)のホームページ等で必ずご確認ください。※掲載の情報は2022年5月時点の法令等に基づいて作成したものであり、今後変更となる場合があります。